パソコン用語辞典 の ヒートスプレッダに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ヒートスプレッダ

読み方、または別称:ひーとすぷれっだ

ヒートスプレッダとは、集積回路等に装備されている集積回路等の熱を外に放出するための金属板のことである。よく見かけられる例としてCPUの上部に付属している。CPUに金属板を付属させることによって熱抵抗がさがり、CPU内部のクーラーで熱を効率よく下げることができる。メモリチップなどにもヒートスプレッダは付属している。RIMM型のメモリチップではヒートスプレッダを付属させることを強く勧めている。RIMM型のメモリチップはたくさんの面積がヒートスプレッダによって覆われている。ヒートスプレッダの素材は銅を用いることが多かったが、炭素を用いた新しい素材であるグラフェンが開発された。従来の銅を用いた場合よりも25パーセントほど早く熱を拡散する。銅を使用する場合よりもコストを安くできるメリットもある。
ヒートスプレッダの実用面での問題であるがヒートシンクをとりはずす際に、マザーボードなどを痛めてしまうスッポン現象がよくおこる。ヒートシンクを取り外す際はドライヤーなどでヒートシンクについているグリスを温めてから取り外したほうがよい。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る