接続 の パリティに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

パリティ

読み方、または別称:ぱりてぃ

パリティ(parity)とは、等価性の観念および等価性を維持する機能のことである。いくつかの異なった定義があり、数学におけるパリティや物理学におけるパリティなども存在する。ここでは、情報通信・情報工学におけるパリティを記述する。
情報通信・情報工学におけるパリティは、ある数字の並びの合計が、奇数であるか偶数であるかを比較することで、通信の誤りを検出する。偶数はeven parity、奇数をodd parityという。また、その誤りを調べることを「パリティ・チェック」(parity check)という。
これらにおけるパリティは、通信に雑音があまりない場合に有効で、特に計算量と付加情報が少ないことが長所になる。この方式では2bit以上の誤りを検出できないため、雑音が多い場合は、誤り検出アルゴリズムとデータの再送を併用する。
または、ハミング符号などの誤り訂正が可能なアルゴリズムを使用する必要がある。 CDなどでは、傷や回転のムラなどによる信号の誤りに備え、CIRC(Cross-Interleaved Reed-Solomon Coding)という誤り検出訂正技術を使う。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る