権利保護 の パブリックドメインに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

パブリックドメイン

読み方、または別称:ぱぶりっくどめいん

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態、あるいは消滅した状態のことを指す。日本語訳として、「公有」が使われる場合がある。
パブリックドメインの知的創作物については、知的財産権を使う者が存在しないことになるため、知的財産権の侵害を根拠とし、利用の差止めや損害賠償請求は求められない。
その結果、知的創作物を自由に利用できると思われがちだが、実際は知的財産権を侵害しなくても、利用が所有権・人格権などの侵害を伴う場合、自由に利用できるわけではない。また、ある種の知的財産権が消滅した場合でも、別の知的財産権が消滅しているとは限らない。
知的財産権の不発生や消滅の原因は、権利が発生しない場合は「権利取得に必要な手続き・方式の不履行」と「法が権利付与を否定する場合」がある。一方権利の消滅には、「保護期間の満了」「承継人の不存在」「権利放棄」などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る