ネットワーク の パケットフィルタリングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

パケットフィルタリング

読み方、または別称:ぱけっとふぃるたりんぐ

パケットフィルタリング(packet filtering)とは、ルータファイアウォールのソフトウェア等に搭載されている機能の1つで、送られてきたパケットの監視や通過の許可や拒否を行う。
パケットフィルタリングは、ルータファイアウォールなどを経由して行われるパケット通信を中継するか、しないかを判断する機能で、その判断には、プロトコル、送信元アドレス、送信先アドレス、ポート番号といった情報が記載されているヘッダ情報が参照される。
ユーザは独自に特定のIPアドレスの相手とは一切通信を行わない、あるアプリケーションのみと通信を行うといった許可や拒否を設定することが可能で、ユーザが設定したルールに従って、パケットは通過を許可される。通過が許さなかったパケットは、送信元に通知されたり、破棄されたりする。
パケットフィルタリングは最も一般的なセキュリティ技術であり、最近ではほとんどのルータに搭載されているが、よく知られているだけに破る手段も多く、他の技術と併用が必要である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る