コーディング の バグに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

バグ

読み方、または別称:ばぐ

バグ(bug)とは、プログラム作成者が行った作業のミスにより、コンピュータプログラムに含まれている誤りや不具合のことである。ソフトウェア・ハードウェア開発における契約文書など、法的な文書ではバグのことを「瑕疵」と記述する。
バグ (bug) は英語で虫(成虫)の意味があるが、これが転じてコンピュータプログラムの製造(コーディング)上の誤りや欠陥を表すようになったのは、初期のコンピュータの論理スイッチに使われていた電導式リレーの間に小さな虫が挟まり、その場所が接続不良を起こして動作に不具合を生じたことが元になっているといわれている。
また、世界最初のバグは1947年に米ハーバード大学で海軍研究所に出荷される前のテストを受けているコンピュータから発見された蛾だといわれている。
バグのまったくないプログラムを作成するのは不可能であり、ソフトウェアの開発過程ではバグを取り除く作業が非常に重要となる。このバグを取り除く作業をデバッグといい、バグの発見や修正を支援するソフトウェアなどを「デバッガ」という。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る