接続 の ハートビートに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ハートビート

読み方、または別称:はーとびーと

ハートビート(Heartbeat)とは、IT分野においては、ネットワーク上でコンピュータやネットワーク機器が、正常に稼働していること外部に知らせるために送信する信号のことである。「Heartbeat」は英語で、心拍、鼓動の意味を持っている。
ハートビートが必要であるのは、ネットワークで接続されたコンピュータやネットワーク機器が、長時間にわたり相手から通信がない場合に、システムダウンしてしまったのか、または用がないだけなのかを確認する術がないためである。
仮に、仮想的に通信路を形成してデータの送受信を行うコネクション型の通信の場合、通信終了の正式な合図を待たずに通信相手が異常終了をしてしまうと、通信路が永久に閉鎖されてしまうことがある。このような事態を防ぐために、大抵の場合、プロトコルやアプリケーションには、一定の時間毎に「生きている」合図を通信相手に送信するように設計されているのである。
ここで送信される信号、もしくは送信先のアドレスや制御情報などのデータをまとめた小さな塊のことを指すパケットが、すなわちハートビートである。また、通信が途切れた状態で、更にハートビートが送信されてこない場合には、接続は切断される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る