端末 の ハンドオーバーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ハンドオーバー

読み方、または別称:はんどおーばー

ハンドオーバー(hand-over)とは、移動局のことで、携帯電話やPHSの端末などが、移動中に接続する基地局を切り替えることである。
基地局からの電波が弱くなると通信ができなくなるため、電波が弱くなる前に電波の強い基地局に切り替えを行うのがハンドオーバーで、大抵の場合、切り替えは即座に行われるが、事業者や機種によっては切り替える一瞬に通信が途切れてしまうことがある。
特にPHSの場合、以前は同じ電話局に収容された基地局間のみでハンドオーバーしていたために、高速移動中はよく切断が起きてしまうといった問題があった。さらに、ハンドオーバーに成功した場合でも1秒程度の切断が起こることがあった。
しかし、1999年2月頃から離れた電話局でのハンドオーバーができるようになり、1999年6月頃にはハンドオーバーの所要時間も数分の1に短縮された。PHSでは複数の基地局と交信し、感度の高い基地局に切り替えるようになったため、高速移動中でもハンドオーバーできるようになるなど、最近の携帯電話ではハンドオーバー時の瞬断は起きないようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る