Ethernet の ハブに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ハブ

読み方、または別称:はぶ

ハブ(HUB)とは、ネットワークなどにおいて各ノードに接続された複数のケーブルの集線装置のことである。ハブという名前は「車輪の中心」に由来する。
ハブは、単にハブといった場合は、LANにおいてケーブルを接続する機器を指すことが多い。対して、USB機器を複数同時に接続するときに利用される機器はUSBハブと呼ばれる。
ハブは、当初受け取ったデータをネットワーク内の全ノードに単純に再送信する方式のリピータハブであったが、後に送信データを管理して宛先制御を行うことができるようになると、スイッチングハブと呼ばれるようになった。現在はスイッチングハブがよく利用されていて、一般的にハブというとスイッチングハブを指している。
ハブの中には多機能なものもあるが、主な機能は、伝送過程において電気信号としての品質を保つため、受信した電気信号を復元するリタイミング機能と、伝送過程において、ビットロスなどの現象が発生したときプリアンブルを元の状態に戻すプリアンブル再生機能の2つである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る