パソコン用語辞典 の ハイバネーションに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ハイバネーション

読み方、または別称:はいばねーしょん

ハイバネーション(hibernation)とは、コンピュータにおいて作業中の情報を保持したまま電源を落とすことができ、次に電源を入れたときに電源を切る直前の状態から作業を再開する機能のこと。「休止状態」とも呼ばれる。
この機能により、ノートパソコンなどでは、使用を中断する際に作業状態を保存しつつ電力の消費を抑えることができる。中断する場合はメモリ上のデータをハードディスクに丸ごとコピーしておき、再開時にはハードディスクからメモリの内容を読み出し、電源を切る直前の状態に戻される。
電源を落としたり、入れるときのように、OSやアプリケーションソフトの終了や起動を行う場合よりも時間や手間がかからず、消費電力も抑えることができる。
ハイバネーション中は、コンピュータの電源を完全に落とした状態になるため、バッテリーの自由放電を除いて電力は消費されない。
なお、ハイバネーションを行うためには、メモリ内容を保存できるだけの空き領域がハードディスクに存在する必要であり、その点が作業状態をメモリに保存するサスペンド機能と異なる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る