情報科学 の ノイマン型コンピュータに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ノイマン型コンピュータ

読み方、または別称:のいまんがたこんぴゅーた

ノイマン型コンピュータとは、計算機の基本的構成法である。今日では基本的なコンピュータ・アーキテクチャのひとつとされているが、そもそもはコンピュータの要件とされる。プログラム内蔵方式のデジタルコンピュータで、CPUと記憶装置を繋ぐバスで構成され、命令・データを区分することなく、記憶装置に記憶する。
またプログラムカウンタを構成要素に含めており、より抽象的なモデルにおける命令スケジューラーの実装とみる場合がある。オリジナルの報告書においては、入出力は特別扱いとなっている。しかし、今日の視点からでは、特に必要はない。
また、バスは報告書では明示的に数え上げず、フォン・ノイマン・ボルトネックのように明確に認識される。ちなみに、キャッシュ・主記憶と補助記憶のような記憶階層や、外部から直接命令の実行順を変える割り込み、チャネル・コントローラ・DMAバスマスタリングなどによるCPUを介さない記憶装置との直接入出力などは、ノイマン型のモディファイの範囲となるが、普通のノイマン型ではない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る