OSI参照モデル の ネットワーク層に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ネットワーク層

読み方、または別称:ねっとわーくそう

ネットワーク層とは、OSI参照モデルでの7階層の内の第3層を指すが、TCP/IP参照モデルでの4階層に対応付ける場合は、第2層のインターネット層に割り当てられる。全てのモデルでネットワーク層はトランスポート層からのサービス要求に応じ、またデータリンク層に対してサービス要求を行う。
本質的には、データリンク層が隣接する通信機器間のフレーム配送に対処し、一方で、ネットワーク層は起点から終点までのパケット配送に対処する。
また、ネットワーク層は、サービス品質とエラー検出訂正機能を持ったままで、一つ以上のネットワークを介して転送元から転送先へ一連の可変長データを転送するための機能的手続き的手段を持っている。
ネットワークはコネクション型とコネクションレス型があり、例えば、スネイル・メール(Snail mail)は手紙の受取人が何もしなくても誰にも手紙を送ることができるコネクションレス型である。一方で、電話は通信ができるためには事前に相手が受話器を取り上げる必要があるので、コネクション型である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る