コンピュータの形態 の ネットワーク・コンピューティングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ネットワーク・コンピューティング

読み方、または別称:ねっとわーくこんぴゅーてぃんぐ

ネットワーク・コンピューティング(英語ではnetwork computing、略してNC)とは、ネットワークの利用に重点を置いたコンピュータの利用のことである。
コンピュータの利用の伸展は、1960年代のメインフレームが中心の集中処理(host-centric computing)から、1990年代のクライアントサーバ中心の分散処理になり、1990年代後半からはインターネットやWebなどネットワークを中心とした集中処理へと移っている。
従来、複数のコンピュータの構成図を描く際には、大型のコンピュータを上部に、端末を下部にして、ネットワークはその間であった。しかし、ネットワーク・コンピューティングでは上部にネットワークを描き、そこに多数のコンピュータが接続され、ネットワーク経由で相互に必要な処理を行うイメージになっている。
このようなネットワーク・コンピューティングの考えは以前からあったが、当初はネットワーク・セントリック・コンピューティング(ネットワーク中心コンピューティング)で、その後、単にネットワーク・コンピューティングと呼ばれるようになった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る