OS用語辞典 の ネットワーク・オペレーティング・システムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ネットワーク・オペレーティング・システム

読み方、または別称:ねっとわーくおぺれーてぃんぐしすてむ

ネットワーク・オペレーティング・システム(Network Operating System)とは、ネットワーク環境で、クライアント側のコンピュータがファイルサーバを効果的に共有する機能を実現するために開発されたOSである。
クライアントマシンに搭載するものと、サーバマシンに搭載するものとがあり、サーバとクライアントの通信を制御する。全社が共有資源を公開・管理するならば、後者は共有資源を利用するということになる。
1990年代前半頃までは、企業内LANにおいてサーバにはNetWareなどのOSを稼働させ、クライアントにはMS-DOSやWindows 3.1のようなネットワーク機能を持たないOSに機能を後付けし使うのが一般的であった。その為、狭義ではNetWareなどのネットワーク専用OSを指し、広義ではOS/2上で稼働したLAN Managerなどを指している。
しかしその後、UNIXやWindows NT Serverなどの汎用OSを使い、クライアントOSにはネットワーク機能が標準装備されるのが一般的となった。現在では、ルータなどのネットワーク機器内部の制御ソフトウェアを指す場合が多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る