ブラウザ の ネットサーフィンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ネットサーフィン

読み方、または別称:ねっとさーふぃん

ネットサーフィン(Net Surfing、ネットサーフ)とは、ウェブページの閲覧で各ページを次々に表示し、閲覧していく行動のことを意味する。こういった行動が波から波へと渡るサーフィンに似ていることから、「ネットサーフィン」と名付けられた。
いわゆる造語である。ウェブページの閲覧以外にも、電子掲示板についても同様である。インターネットが普及し始めた1990年代から2000年頃まで頻繁に使われていた。略して「ネサフ」ともいう。
起源は、インターネットサービスプロバイダに勤務していたジーン・アーモア・ポリー(Jean Armour Polly)が、1992年に雑誌への寄稿で「ネット(インターネット)をサーフィンする(surfing the Internet)」という表現をしたことが始まりである。
また、1991年から1992年にかけてUsernetで同様の言葉が散見されたことで、当時は新しい用語であった「World Wide Web」の「Web」の語感に近い“wave”に例えているとも言われている。
1種類のサイトを見る場合は、「○○サーフィン」と表現し、「○○」にはサイトの種類を入れて使う。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る