ユーザインターフェース の ドラッグ・アンド・ドロップに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ドラッグ・アンド・ドロップ

読み方、または別称:どらっぐあんどどろっぷ

ドラッグ・アンド・ドロップ(drag-and-drop)とは、グラフィカルユーザインタフェース上の操作の一つで、画面上のファイルなどを移動するためのものである。このような操作は、二つの物体を関連させた様々な動作を行うために行われる。
「drag-and-drop」とは、「ひきずって、手放す」という意味で、その名前の通り、操作の一連は、画面上で、マウスポインタファイルのアイコンやウィンドウの枠などに合わせ、ボタンを押しながらマウスを移動(ドラッグ)させ、マウスのボタンを離す(ドロップ)ことで、選択したファイルなどを別の場所に移すというものである。
例えば、このような操作が行われる場合として、ファイルをアプリケーションアイコンやウィンドウに移す、別のフォルダにコピーする、ウィンドウを動かしてレイアウトを変更するなどの場合が想定される。また、文書の編集作業においてテキストを移動する場合なども、これにあたる。
この操作を行うことによって、データファイルの切り取り、貼り付けを同時に行うことが可能となり、作業効率があげることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る