OSI参照モデル の トランスポート層に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

トランスポート層

読み方、または別称:とらんすぽーとそう

トランスポート層(トランスポートそう)とは、TCP/IP参照モデルにおける4階層内の第3層のことを指す。これらはコンピュータと電気通信におけるトランスポート層で、通常はホストコンピュータのOS上のプロセスに制御され、ルータスイッチには制御されない。
また、ネットワーク層によって提供された信頼性が低いため、基本的なサービスをより強力なものへと転換する働きもある。TCP/IPモデルでは、トランスポート層はホストコンピュータ上の適切なアプリケーションプロセスデータを配送しなければならない。
これは、異なったアプリケーション・プロセスからデータの統計的多重化およびトランスポート層の各データパケット・ヘッダの送信元/送信先ポート番号の追加が伴われる。送信元/送信先のIPアドレスと共に、そのポート番号プロセス間通信の識別アドレスを構成する。
ちなみに、トランスポート層には「コネクション型」「配送順序の保証」「信頼できるデータ」「フロー制御」「輻輳制御」「バイト指向型」「ポート番号」などのプロトコルによって提供される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る