Ethernet の トランシーバーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

トランシーバー

読み方、または別称:とらんしーばー

トランシーバーとは、コンピュータにおいては、ネットワークケーブルとコンピュータの間や、ケーブル同士の間に立って信号を中継する装置のことで、イーサネットでケーブルに取りつける「タップトランシーバ」が代表的である。
10BASE-5、10BASE-FLや光ファイバーケーブルでネットワークを構築するとき、コンピュータとトランシーバーを接続し、トランシーバーを経由してネットワークケーブルと接続する。このとき、ケーブルに複数接続する場合にはトランシーバー間の間隔を2.5mの整数倍にする必要がある、ケーブルが長くなりすぎないようにマルチポートトランシーバも存在する。
トランシーバーは様々なジャンルで使われる言葉で、バスや外部インターフェイスなど双方向で信号をやりとりする際の回路素子のことをバストランシーバ、双方向バスバッファともいう。
また、無線においては、送信機と受信機を1つの筐体に収めた無線機の一種であり、光通信技術においては、電気信号を光ケーブルに双方向で接続する回路モジュールのことを光トランシーバーという。トランシーバーは、送信機 (transmitter) と受信機 (receiver) からなる造語。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る