データベース の トランザクションログに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

トランザクションログ

読み方、または別称:とらんざくしょんろぐ

トランザクションログ (transaction log)は計算機科学のデータベースの分野で、クラッシュハードウェアに故障が発生しても、データベース管理システムのACID特性を保障するための操作履歴を指す。
データベースが起動後に、整合性の無い状態とか、正常に終了されていないことを検知すると、データベース管理システムはトランザクションログを読み取り、しかるべき操作を行う。
すなわち、完了していないか、または ロールバックされたトランザクションが行った操作を取り消す。また、コミットはしているが、データベースには反映されていない操作を再実行する。
なお、トランザクションログの目的は、データログとは異なり、データログは操作履歴を人間が読みやすい表現で記録するために用いられる。したがって、データベース管理システムによってはトランザクションログデータログの両方を提供している場合も多々ある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る