データ圧縮 の データ圧縮に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

データ圧縮

読み方、または別称:でーたあっしゅく

データ圧縮とは、そのデータの性質を保ったままで容量を削減する処理のことで、高効率符号化とも言われる。また、情報理論においては情報源符号化と言われる。
データ圧縮は、データを転送する上での送受信にかかる時間を短縮したり、データの保存に必要な記憶容量を少なくすることを目的に行われる。
データ圧縮は、完全に元の状態に復元することができる可逆圧縮と、逆にデータを完全には復元しない非可逆圧縮という2つの方法に分けられ、バイナリデータを対象としたデータ圧縮方式の中には、複数のファイルを1つにまとめて扱えるものもある。
それぞれの圧縮方法は、目的等にあわせて利用され、例えば、画像のJPEG形式や、音声のMP3形式など、また映像などの圧縮においては、データにある程度の損失が出る非可逆圧縮が利用される。
非可逆圧縮では圧縮率を大きくすればデータの劣化が大きくなり、圧縮率を小さくすればデータ容量が大きくなるため、ユーザは目的に合わせて圧縮率を選択することになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る