情報科学 の データ同化に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

データ同化

読み方、または別称:でーたどうか

データ同化(データどうか)とは、地球科学の分野において数値モデルの再現性を高めるために行われる。分かりやすく言うと、モデルに実際の観測値を入力し、現実より近い結果を出すようにすることである。
地球科学において、非線形性の高い自然現象を数値モデルで再現する手法があるが、気象学では天気予報に大きく貢献することになる。例えば、数値気象予報モデルに気温・気圧・湿度・風速などのデータをデータ同化に入力し、これを専門的には「初期場」と呼ぶ。
物理的パラメータの空間的分布状態を作り出す。しかし、入力されたデータは空間的に偏っているため、少ないデータからは精度が低くなってしまう。その為、試作段階の数値モデルにデータ同化の実験を行う必要がある。その結果を実際の現象と比べることで、そのモデルの再現性を調べることができるようになる。
類似のものに、「客観解析」と呼ばれるものがある。さまざまな場所や時間で観測されたデータから空間的または時間的に格子化されたデータを計算する際に使われ、気象学における数値予報モデルに与えるデータ作成に応用される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る