技術 の デバイスドライバに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デバイスドライバ

読み方、または別称:でばいすどらいば

デバイスドライバとは、コンピュータの装置や周辺機器を制御、操作するためのソフトウエアのことである。略してドライバと呼ばれることもある。デバイスとは、コンピュータの周辺機器そのもののハードウェアのことを指す。要するに、コンピュータを動かすためのソフトウエア、操縦がドライバーということになる。
OSがハードウェアとソフトウエアの橋渡しをすることになるが、最初から組み込まれているものである。コンピュータの機種によっても当然形は変わってくる。Windowsを例にとっても、Windows3.1、95、98のデバイスドライバの形式はVxD、Me、2000,XPではWDMが用いられている。
Windows95以降に関しては、周辺機器の接続と同時にシステムの組み込みが自動設定になっている。要するに、改めてデバイスドライバの導入の必要がなくなる。Vistaにいたっては、領域(Driver Store)があり、周辺機器に種類によって、PhPにより自動的に設定を認識することができる。確実に進歩を続け、自分での導入をしなくても勝手に設定することができるようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る