情報科学 の デジタル信号処理に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デジタル信号処理

読み方、または別称:でじたるしんごうしょり

デジタル信号処理(デジタルしんごうしょり)とは、デジタル化された信号のことで、アナログ信号処理信号処理の一部になる。分野としては、大きな研究や応用領域に、音響信号処理デジタル画像処理、音声処理がある。実世界の連続的なアナログ信号を計測し、選別することを目的としている。
一般的に、第一段階はアナログ-デジタル変換回路を使い、アナログからデジタルに信号を変換することで、最終的な出力は別のアナログ信号であることが多い。そこでは、デジタル-アナログ変換回路が使われる。リアルタイム処理には、専用のコンピュータを使うことが多く、なかでも特殊なマイクロプロセッサ(デジタルシグナルプロセッサ)を使うことが多い。
DSPと略され、信号処理向けに最適化されている。よって、リアルタイムで信号を処理することができる。応用分野の例を挙げると、携帯電話での音声圧縮転送やHi-Fi機器での周波数特性の補正、天気予報、地震データ処理、CGアニメーション、コンピュータグラフィックスなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る