デジカメ の デジタル一眼レフカメラに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デジタル一眼レフカメラ

読み方、または別称:でじたるいちがんれふかめら

デジタル一眼レフカメラ(Digital Single Lens Reflex camera)とは、従来の一眼レフカメラの記録部分を、電子回路の組み合わせに置き換えたものである。電子回路の組み合わせとはすなわち、撮像素子や、メモリなどである。一眼レフカメラとは、撮影に使用するレンズとフィルム等の間に鏡を置くことによって、撮影されるイメージをファインダーで確認しながら撮影できるカメラのことである。
これは、撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統である、つまり一眼であるために、ファインダーから見える像と、写真の像が一致するものである。これは、例えば撮影用のレンズとファインダーが分かれているコンパクトカメラと比較すると、撮影時のイメージ通りの写真ができるため、カメラの中では高価な高級機として普及している。
ここにライブビューを使用した撮影を行うデジタルカメラが登場したのは、2008年以降のことである。現在では、ミラーレス一眼カメラへの移行が行われているため、デジタル一眼レフカメラは、フィルム時代からの一部メーカーの製品のみが残っているとされる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る