行政/政策 の デジタルデバイドに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デジタルデバイド

読み方、または別称:でじたるでばいど

デジタルデバイドとは、パソコンやインターネットなどの情報技術(IT)を上手に使いこなせる者とどうにも使いこなせない者の間に生じる、強者と弱者のような格差のことである。
若者や高学歴者、高所得者などが情報技術(IT)を活用してより高収入や好条件の雇用を手にするが、一方でコンピュータを使いこなせない高齢者や貧困のため情報機器を入手できない人々は、より貧困になる。つまり、情報技術が社会的な格差を拡大し、固定化する社会的現象がデジタルデバイドである。
また、先進工業国が情報技術によりますます発展する一方で、途上国が資金難や人材不足、インフラの未整備などで情報技術を活用できず経済格差が拡大するのは、国家間や地域間のデジタルデバイドである。
なお、デジタルデバイドは、当初は貧富や雇用機会の差が激しかったアメリカで問題となった現象で、2000年夏の沖縄サミットでは議題として取り上げられるなど、地球規模の新たな問題として注目されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る