コンピュータの形態 の デジタルサイネージに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デジタルサイネージ

読み方、または別称:でじたるさいねーじ

デジタルサイネージとは、直訳すると電子看板といい、看板やポスターを電子化したものである。使われる装置の種類としては、液晶ディスプレイやプロジェクタ、最近ではLEDを使ったディスプレイやプラズマディスプレイなどがある。
いずれも映像表示がキレイというだけではなく、LEDなどを使う事で、より経済的で長持ちする。また、ネットワークでつながっているため、配信が楽にでき、表示内容も多様化した広告を展開することができる。
ポスターにはない動画や数秒単位で映像を切り替えたりできるため注目度もアップしている。人の集まる公共施設や交通機関、繁華街などのビルの壁面や屋上などに数多く設置されている。
メリットとして既存のポスターと違い、ネットの操作により、指定した時間の表示や入れ替えなどの手間がかからないことなどが挙げられる。広告主が複数の場合でも表示機が1台あれば、時間を区切って対応が可能になる。そして、色あせず、いつまでも最初と同じ状態を維持できる点も広告としては魅力的である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る