情報科学 の デジタルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デジタル

読み方、または別称:でじたる

デジタル(Digital)とはアナログに対応する理論で、物理的には状態を示す量を数値化して処理を行う方式のことで、アナログに段階が無いのに対してデジタルは細かい点では段階が生じる。しかし、この誤差は実用には問題がないので、広く、デジタル処理、デジタル記録、デジタル伝送、デジタル制御などに用いられている。
なお、正確な発音ではディジタルで、計数(けいすう)という日本語訳もあるが、digitalの本来の意味はラテン語の指 (digitus)である。デジタルでのデータの数値化では量子化を行い、整数値(digit)で表現するが、小さい量に対しては誤差が出る。ただし、この誤差は適切な量子化で実用上影響の無い範囲にすることができ、アナログとほぼ同じ処理が可能である。
現在、主流であるデジタルコンピュータでは、0と1の2進数なので、デジタルは0と1からなるという説明がしばしばなされるが、はっきりと区別できる2以上の状態で表現されているデータはどれもデジタルである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る