機能/構造 の デコーダに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

デコーダ

読み方、または別称:でこーだ

デコーダは、一定の規則で符号化されたコーディングデータコーディング復号化して、もとのデータを取り出すことで、デコードを行うソフトウェアをデコーダと言う。なお、圧縮データの復元や、暗号解読などもデコード作業であるが、逆にデータを一定の規則に基づいて符号化することをエンコードと言う。
エンコード符号化であるが、特定の方法でアナログ信号やデジタルデータ復号化ができる別のデータに変換することである。
なお、エンコード(符号化)のための機器や回路、あるいはプログラムをエンコーダと呼び、それをデコード(復元化)するための機器や回路、あるいはプログラムをデコーダと呼ぶ。
特にコンピュータ分野では、エンコードとは、音声や動画のデータコーデック圧縮する事を言うが、デコーダはエンコード化されたデジタルデータを一定の規則に従って、元の符号に変換すること回路である。このようにデコードとエンコードは不可分な関係にあり、エンコードされたデータを復元できないのでは、エンコードの意義はなくなり、デコーダの存在価値はなくなる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る