信頼性 の ディザスタリカバリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ディザスタリカバリ

読み方、または別称:でぃざすたりかばり

ディザスタリカバリ(disaster recovery)とは、システムの運用体制の一種で、災害(disaster)などによる被害からの迅速に復旧(recovery)すること、あるいは被害を最小限の抑えるための予防措置のことで、主にコンピュータシステムやネットワークなどIT関連で用いられることが多い用語である。
ディザスタリカバリでいう災害の範囲は厳密なものではなく、建物単体での火災などの小規模なものから風水害、地震などの自然災害や不正侵入、テロなどの人為的なものなど広範囲である。
各種の障害は必ず起こりえるものと想定し、いかに効率よく迅速に復旧するかという点から災害対策を捉え、システム停止による利益の損失を最小限に抑える事を目的とする。
コンピュータのデータの消失においては、ディザスタリカバリに対応したシステム構成では通常、コンピュータやデータを二重化して物理的に離れた場所に設置する、クラスタリング(複数のコンピュータを連携させるシステム構成)やレプリケーション(データ複製する機能)といった技術が活用する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る