単位 の テラバイトに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

テラバイト

読み方、または別称:てらばいと

テラバイト(terabyte)はデータ量やコンピュータの記憶装置の大きさを表す単位で メガバイトがMB、ギガバイトがGBと略されるように、TBと略される。なお、テラバイト1,099,511,627,776(1兆990億)バイトであり、1,024ギガバイトに相当する。
一般的にテラとは10倍を意味ことが多いが、情報やコンピュータの分野においては10の累乗倍でなく2の累乗倍で表すことが多く、テラは2倍を表すため、このような大きな数字になる。
ただし、テラバイトは1.099兆バイトではなく一兆バイトとされることも多いので、1,024の累乗倍には二進接頭辞をつけ、2バイトはテビバイト(tebibyte)とすることが望まれている。
コンピュータの分野では、2003年頃から複数のハードディスクを使用して仮想的にテラバイトクラスのものが市販されていたが、2007年の初頭には単体で1TBの容量を持つものも発表され、2008年末には低価格で購入できるようになってきている。なお、2009年には2TB以上の容量を持つハードディスクが市場に出ている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る