3次元グラフィックス の テクスチャマッピングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

テクスチャマッピング

読み方、または別称:てくすちゃまっぴんぐ

テクスチャマッピング(Texture mapping)とは、3次元コンピュータグラフィックスで作成された3Dモデルの表面に、質感を与えるための手法である。もともと、テクスチャとは織物の質感を意味する。この技法は、1962年、ユタ大学のエド・キャットマルらによって開発された。
彼らは、エヴァンス・アンド・サザランド社の産業用シミュレーションCG製作に携わっていた。テクスチャは、3Dオブジェクトの表面に壁紙のように貼り付け、質感の向上をもたらす。例えば、岩肌テクスチャを多面体に適用すると、ポリゴンを使うことなく岩肌を表現することが可能になる。
ちなみに、表面の凸凹を再現するのにもっとも適しているマッピング手法は、「バンプマッピング」と呼ぶ。テクスチャマッピングの用途は、コンピュータグラフィックスにおけるポリゴンの表面に行うことで、質感を高めることと、地形データーに衛星画像をテクスチャマッピングすることで、三次元の地図を作成することが可能となることである。
テクスチャマッピングやバンプマッピングの他にも、ディスプレイスメントマッピングや、環境マッピング、透過マッピング、法線マッピングなどさまざまなマッピングが存在する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る