機能/構造 の チュートリアルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

チュートリアル

読み方、または別称:ちゅーとりある

チュートリアル (tutorial) の本来の意味は、少数の生徒に教師が集中的に教えることや、家庭教師によるマンツーマンの教育のことであるが、教育用の書籍やビデオなどの各種メディアの入門部分をチュートリアルとも言う。
したがって、そこから派生してコンピュータのプログラムを使用して各種機器の操作や練習などの教育を行うツールのこともチュートリアルと言うようになった。つまり、製品の部分説明や使用方法および機能を解説する部分はチュートリアルと呼ばれる教材である。
このようにチュートリアルは入門書的な要素があるが、コンピュータに関する最近の市販アプリケーションソフトには操作方法を詳しく解説したチュートリアルが同梱されていることが多く、ユーザはそのようなチュートリアルソフトの指示に沿って進めていけば基本的な操作が学べるようになっている。
なお、最近では、Web上でもアプリケーションソフトの操作説明がチュートリアルとして掲載されている例が多く見受けられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る