システム開発 の ダンプに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ダンプ

読み方、または別称:だんぷ

ダンプ(dump)とは、コンピュータプログラムの誤りなどを取り除くためのデバッグや、データ修復のために、ファイルメモリの内容を記録、あるいは表示することで、データベースにおいては、データベースの情報をファイルに書き出して保存することダンプと呼ぶ。
ダンプは、プログラムを開発において動作を追跡するためによく利用される。例えば、ダンプされた内容を、プログラムの不具合(バグ)の発見や修正を支援するソフトウェア等のデバッガに読み込ませてプログラムの問題を分析すると、プログラムの問題点等を発見できることがある。
システム等に障害が発生したときのメモリ上のデータを、ディスクにファイル(ダンプ・ファイル)として保存することをメモリーダンプといい、そのデータ自体もメモリーダンプと呼ばれる。
UNIXなどでは、プログラムが不正終了した時に、自動的にその時点でプログラムが使っていたメモリの内容をダンプするようになっている。メモリを強制的に中断させて内容を書き出すことを、コアダンプと呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る