放送 の ダビング10に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ダビング10

読み方、または別称:だびんぐてん

ダビング10(ダビングてん)とは、日本のデジタルテレビ放送の著作権保護のための仕組みのひとつである。2008年7月4日より地上波デジタル放送・衛星デジタルテレビ放送での運用が開始され、総務省の情報通信審議会で提案されたデジタル放送の私的利用に関した運用ルールに対し、定められた統一呼称である。
分かりやすく言うと、コピーガードの一種である。ダビング10は、要するにコピー・ワンスの緩和の暫定措置として開始された。コピー・ワンスとは、1世代だけコピーできる仕組みのことである。デジタルテレビ放送をデジタル方式で録画した際、アナログ方式に比べ画質の劣化がないため、コピーを際限なく許してしまうと、DVDの販売などに影響することが予想された。
よって、コピー・ワンス規定を採用し、コピーを防いだ。しかし、ムーブ(移動)に失敗した場合、録画内容が失われてしまうという欠点があったため、ダビング10の運用ルールが開始されるようになったというわけである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る