端末 の ダイバシティに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ダイバシティ

読み方、または別称:だいばしてぃ

ダイバシティとは、電波状況の優れたアンテナ信号を優先的に用いたり、受信信号を合成し、ノイズを除去するなど通信の質や信頼性を向上させるための技術である。送信に対し適用しているものは、送信ダイバシティと言い、工学の分野では「ダイバーシチ」と表記する場合がある。
電波は物体にあたると反射し、質が落ちてしまう。それを防ぐために、2本以上のアンテナを使って複数の電波を受信し、その中でもっとも強い電波を選択・合成する技術のことである。
ダイバシティはとにかく種類が多く、大きく「空間ダイバシティ」「偏波ダイバシティ」「角度ダイバシティ」「マルチパスダイバシティ」「サイトダイバシティ」「周波数ダイバシティ」「時間ダイバシティ」「送信ダイバシティ」「再送ダイバシティ」に分けられる。前者は、2本のアンテナが1/2波長以上離れていれば、それぞれのアンテナの受信状態の相関はないと言われている。
また、「アンテナ選択方式」と「最大比合成方式」に分けられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る