アルゴリズム の タプルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

タプル

読み方、または別称:だぶる

タプル(tuple)とは、複数のものからなっている組の構成要素数を表している集合数詞である。2つ組、3つ組などのそれぞれを表す英単語が一般化された言葉から派生し、数学や計算機科学などの分野では、通常順序つけられた対象の並びを表すために用いられる。
特にn個でできた組を、英語でn-tupleと書き、日本語ではこれをn組と訳す。よって、タプルの概念自体が「組」と呼ばれる場合がある。なお、n-tupleは倍数詞の表現として使われることもある。
数学におけるタプルは、例えば有限オートマトンが入力アルファベットの有限集合Σ、状態の有限集合S、初期状態s0 ∈ S、遷移関数 δ : Σ × S → S、受理状態の有限集合をF ⊆ Sの5つ組として定められている。
また、有向グラフは、頂点集合Vと辺の集合A ⊆ V × Vの順序対として定められている。一方計算機科学におけるタプルは、PythonやML、Haskellなどのプログラミング言語で、保持するデータ構成を有している。Pythonにおけるタプルは、いくつかの値をひとまとめにし、まるでひとつの値のように扱う機能のことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る