ユーザインターフェース の タスクバーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

タスクバー

読み方、または別称:たすくばー

タスクバーとは、Windowsの操作画面でアプリケーションソフトを起動するためのスタートボタンや、現在時刻、現在起動しているアプリケーションソフトの一覧、常駐アプリケーションソフトのアイコンなどがまとめられている帯状の部分のことである。
タスクバーは通常、画面の下端に常に表示された状態になっているが画面の上下左右に移動可能であり、高さも変更することができる。
現在起動しているアプリケーションソフトの一覧はボタンになっており、そのボタンをクリックすると最小化表示していたアプリケーションソフトをアクティブ状態にしたり、複数のウィンドウが表示されて他のウィンドウの下になっているときに最前面にすることができる。
タスクバーには「ツールバー」と呼ばれる領域を設定することができ、スタートボタンのすぐ右には、クイック起動というアプリケーションをワンクリックで起動できるボタンや、URL入力欄を表示する「アドレス」、デスクトップ上のアイコンを表示する「デスクトップ」などがある。時刻が表示されている部分はタスクトレイといい、常駐しているアプリケーションソフトが表示される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る