プライバシー の ソーシャルハッキングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ソーシャルハッキング

読み方、または別称:そーしゃるはっきんぐ

ソーシャルハッキングとは、人間の心理的隙、行動のミスにつけ込み、個人の秘密情報を入手する方法である。コンピュータウイルスやスパイウェアなどを用いているわけではないが、パスワードを入手し不正侵入することを目的としている。
特に多いのが、1.重役や上司、重要顧客など身分を詐称して電話をかけ、情報を入手する、2.現金自動預け払い機などで端末本体を操作する人の後ろでパスワードを凝視し暗記する、3.IDやパスワードが書かれた紙を瞬間的に暗記し、メモする、4.特定のパスワードに変更し、特典が受け取れるなどの嘘の情報を流し、パスワードを変更させ入手する、などが挙げられる。
これらの手口を回避するためにも、ソーシャルハッキングがどういったものなのか知る必要がある。また、スクリーンセーバロックやクリーンディスク、機密情報などの書類はシュレッダーにかけるなど、対策もある。
ATM機器でのパスワード入力は、背後を意識しながらなるべく分からないよう打つ必要がある。近年では、パスワード入力の数字の位置が毎回変わりセキュリティ対策をしている金融機関もある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る