コンピュータシステム の ゼロクライアントに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ゼロクライアント

読み方、または別称:ぜろくらいあんと、zero client

企業などで使用されるクライアント端末の一つで、単体としての機能を極限まで削減した端末を指す。
一般的には、キーボードマウスディスプレイ出力、画面描画、ネットワークなどの機能のみを持ち、仮想デスクトップ環境を利用して、アプリケーションソフトウェアの実行、データの編集・保存などはすべてサーバー上で行なう。ゼロクライアント上には、アプリケーションソフトウェア、データが一切保存されないため、導入とメンテナンスのコスト、およびセキュリティの面で優れている。
ゼロクライアントには、一般的なパソコン向けOSは搭載せず、仮想デスクトップを利用するためだけに特化された専用のOSを搭載することが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る