機能/構造 の セーブに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

セーブ

読み方、または別称:せーぶ

セーブ(save)とは、コンピュータ分野においては、作業内容や各種データを、記憶媒体に保存することである。コンピュータプログラムでは、作業の中断や終了の他に、意図せず電源が切れるなどの不測事態対策、別の機器で読み出したい場合などといった理由で、セーブが行われることがある。
例えば、ワープロソフトを始めとしたアプリケーションソフトでは、通常、文書をコンピュータ内のメインメモリに記憶した状態で、編集を行っている。このために、そのまま電源を切ってしまうと、編集内容は消失する。
この消失をさせないためには、文書をハードディスク等にファイルとして保存させる必要があり、その操作のことが、すなわちセーブである。なお、セーブには2種類あり、「新規保存」と「上書保存」である。「新規保存」とは、名称の通り、ディスク上に新しいファイルを作成、データを保存するものである。
一方で「上書保存」は、既に作成されたファイルを呼び出して編集し、編集した内容を保存するものである。これは他に「別名で保存」、「名前をつけて保存」などと呼ばれることもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る