OS用語辞典 の セグメンテーション違反に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

セグメンテーション違反

読み方、または別称:せぐめんてーしょんいはん

セグメンテーション違反(segmentation fault)はソフトウェアの実行時に起きるエラーで、アクセスが許可されていないメモリ上の位置や、許可されていない方法でメモリ上の位置にアクセスしようとするときに起こる現象である。
なお、MC68000のようなプロセッサに基づいているシステムはこの現象をアドレスエラーもしくはバスエラーと解釈する傾向がある。
セグメント方式はメモリ管理とオペレーティングシステムを保護する方法で、ページング方式に置き換えられつつあるが、セグメンテーションと言う専門用語はまだ広く使われている。
すなわち、セグメンテーション違反はその一例で、オペレーションシステムの中にはメインメモリ管理としてページング方法が使用されているが、まだいくつかの論理レベルではセグメンテーションを持つものがある。例えばUNIXのオペレーティングシステムでは、不正なメモリにアクセスをするプロセスはSIGSEGVシグナルを受け取り、Microsoft Windowsでは、不正なメモリにアクセスするプロセスはSTATUS_ACCESS_VIOLATIONの例外になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る