構造 の セクタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

セクタ

読み方、または別称:せくた

セクタとは、ディスセクタ(Disk sector)の呼称である。ディスセクタとは、ディスクドライブにおけるトラックの一部のことである。なお、ディスクドライブとは、磁気ディスク光ディスクなどのことで、トラックとはディスクを同心円状に分割した記録領域の単位のことである。
各セクタにおいては、一定量のデータを格納することができる。ユーザーがアクセスできるセクタ当たりのデータ量は、磁気ディスクの場合は512バイト光ディスクの場合は2048バイトが一般的である。中でも、磁気ディスクに含まれるフロッピーディスクにおいては、物理的なトラック上にある物理的なトラックセクターと、セクター番号の絶対位置との対応が1対1となっている。
昨今、HDDにおいては、セクタという用語はディスク上のブロックを指す意味で使われることもある。これは、1980年代までのHDDが、物理トラックあたりの物理トラックセクター数が一定だったことに対し、1990年代以降になると、内周部よりのトラックでは少なく、外周部よりでは多くなっているという事情がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る