ドメイン の セカンドレベルドメインに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

セカンドレベルドメイン

読み方、または別称:せかんどれべるどめいん

セカンドレベルドメイン(Second-level domain)、SLDとは、トップレベルドメイン以下に属しているドメイン名で、SLDドメイン名のドットの前の部分である。
セカンドレベルドメインには、国際化ドメイン名があり、英数字以外の固有名詞などの文字列を登録することも出来る。例えば○○○と言う名称の会社の場合、国際化ドメイン名を使わない通常のドメイン名の場合 はhttp://www.○○○.jp/ となるが、国際化ドメイン名を使って http://○○○.jp/ と入力しても表示される。
この国際化ドメイン名は国や地域に割り当てられているので、世界中に数多くあるが、国際化ドメイン名を利用する際には対応したブラウザを使用する必要がある。なお、日本では、日本語を使ったセカンドレベルドメインを日本語ドメイン名と言う。
因みにトップレベルドメイン(top level domain)、TLDはインターネットで利用するドメインネームシステムで利用され、ドメイン名をドットで分割した時のドットの後の部分である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る