技術 の スワップファイルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

スワップファイル

読み方、または別称:すわっぷふぁいる

スワップは英語で、交換という意味合いがあるが、ITでスワップファイルと言えば仮想記憶(Virtual Memory)のことで、メモリ管理技法のひとつである。
仮想記憶は、コンピュータ上の主記憶装置よりも大きな記憶領域を仮想的に用意する。それ故に仮想記憶を利用すれば、メモリ空間の一部をハードディスク装置等の大容量外部記憶に待避できるので、実装メモリ量以上のメモリ空間が利用できるようになる。
つまり、スワップファイルは、仮想アドレス(virtual address)、論理アドレス(logical address)、物理アドレス(physical address)、実アドレス(real address)である。なお、スワップファイルには、セグメント方式とページング方式があるが、一般にページング方式の方がよく使われている。
整理すると、メモリスワッピングとは、一次記憶装置内のメモリページを二次記憶装置のスワップファイルに書き出して、より高速な一次記憶装置を他のプロセスが使えるようにすることである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る