情報科学 の スニペットに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

スニペット

読み方、または別称:すにぺっと

スニペットとは、断片や切れ端といった意味を持つ。そこから転じて、IT・パソコン上で使うスニペットという意味はいつでも分割できるプログラムを記録しておき必要に応じて呼び出す機能のことである。プログラムを作成していると同じような記述がたくさん出てくるのでスニペットに登録をしておいて呼び出すことで簡単にプログラムを作ることができる。スニペットに名前をつけている会社もある。Microsoft提供のIDE Visual Stadioでは、コードをスニペットとして使用できることが可能になっている。
もうひとつのIT・パソコン上での用法として、検索結果の一覧を表示したとき、Webページの内容を簡単に書いているものをスニペットと呼ぶ場合がある。スニペットを用いることでユーザはすばやく欲しい情報を手に入れることができるようになる。スニペットを使った情報集めを行うことは検索エンジン最適化に貢献することになる。プログラムの断片を記録したスニペットのことを特にコードスニペットと呼ぶ場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る