データベース の ストアドプロシージャに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ストアドプロシージャ

読み方、または別称:すとあどぷろしーじゃ

ストアドプロシージャ (stored procedure) とは、データベースシステムで、一つ以上の処理手続きを定義したものである。要するに、一つのプログラムにまとめて、リレーショナルデータベース管理システムに保存したもので、永続格納モジュールとも言う。SQLで記述(それ以外でも対応できる)、コンパイルの状態で格納されるため、処理が簡単になった。
SQL文を一つずつ送るよりも、一つの要求で複数のSQL文を実行できるということは、ネットワークに対する負荷を軽くでき、構文解析や内部中間コードへの変換(作成時にチェック)を最初に行うことができることは、処理時間も大幅に短縮できた。
その他のメリットとして、データベーストリガと組み合わせて、複雑なルールによるデータの参照し整合性保持ができるようになった。ホスト言語とSQL文の分離によって、ソースコードの見通しが良くなる。ストアドプロシージャの入れ替えによる修正が可能となるため、Webサイトの保守性に優れている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る