PDA の スタイラスペンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

スタイラスペン

読み方、または別称:すたいらすぺん

スタイラスペン(stylus、pl. styli、styluses)とは、インクを使わず液晶などに押し当てて使う先の尖った棒状の筆記具である。もともと柔らかい素材に溝を彫ることで文字や図画を書いていたが、現在では携帯電話端末などのタッチパネル式のポインティングデバイスを操作するものとして知られている。
ギリシャ語で柱を意味するstulosからきており、エトルリア語のstilus、ラテン語のステュルス・stylusを経て、英語に入った。文字を彫るステイラスは、金属や骨、象牙、アシなどを材料としており、古代ローマ以降ヨーロッパで蝋板に字を刻むものとして使われていた。
日本にも、紙などに字を刻む角筆と呼ばれる筆記具が存在した。ポインティングデバイスとしてのスタイラスペンは、携帯電話端末などのタッチパネル内蔵機器に付属されている。比較的柔らかい合成樹脂の先端を持っており、形状はペンに似ている。
ペンとの違いは、インクを出さないこと。その他のスタイラスには、レコードの原盤に溝を刻む刃物があり、初期のレコードは蝋管を使って溝を刻む方法が、スタイラスと同じだと言われていた。また再生用のレコード針も、スタイラスと呼ぶことがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る