性能評価 の ジッターに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ジッター

読み方、または別称:じったー

ジッター (Jitter) とは、電気通信の分野で、時間軸方向での信号波形の揺らぎや、その揺らぎによって生じる映像や文字などの乱れのことを指す。なお、英語のJitterは、いらいらすると言う意味である。
ジッタは、物理的には信号波形の時間的な揺らぎで、アナログ信号では忠実に一定周期で繰り返されなければならない波形が部分的に早くなったり遅くなったりすることや、受信側で再生した場合にそれによる再生の品質低下を指す。
デジタル信号では、基準クロックや信号データの波形の位相の揺らぎによってこの現象が起き、は受信側でのデータエラーなどの原因となる場合がある。
デジタル信号でのジッターは、ランダムジッタとデターミニスティックジッタがあり、ランダムジッタ (Random jitter) は正規分布の時間軸方向での信号波形のジッタである。一方で、デターミニスティックジッタ(Deterministic jitter)はデータクロックに依存して受信信号の波形タイミングが変化するジッタである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る