コンピュータの形態 の シンセサイザーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シンセサイザー

読み方、または別称:しんせさいざー

シンセサイザー(synthesizer)とは、電子工学的手法により、音楽などを合成する楽器の総称である。電子楽器や音源と呼ばれることもあり、略称は「シンセ」。シンセサイザーは、実装方式とシンセサイズ方式、演奏方式などさまざまな方式に分類される。
実装方式の分類は、トーンホイール音源やアナログ音源、ハイブリッド音源などさまざまある。トーンホイール音源は各種の回転体で波形を生成するもので、音色調整はオルガンの伝統に従って倍音加算合成が使用される。
アナログ音源は、アナログ信号処理技術で実装されており、減算型合成や加算合成に代表される。ハイブリッド音源は、合成方式や実装方式など複数を併用した音源のことである。メーカー独自の方式として、独自呼称されることが多い。
シンセサイズ方式では、加算合成、原産合成、変調合成、それらの複合型など、多数の方式が存在している。また、アナログシンセサイザー時代とディジタル技術発展後でも、随分と違ってくる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る