コンピュータシステム の シンクライアントに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シンクライアント

読み方、または別称:しんくらいあんと、thin client

ファイルやソフト、アプリケーションなどをサーバー上で一元管理し、ネットワークを介して各コンピュータ上で実行し、利用させるシステムを指す。また、狭義ではこのシステムで使われる端末をシンクライアントと呼ぶ。
社員、メンバーに配布されるコンピュータ(クライアント)は端末としての機能を絞り、機能を限定したOSを搭載。アプリケーションソフトウェアなどはサーバー側で一元管理するため、クライアント端末およびソフトウェアの運用・管理コストを低減させることができる。
また、記録媒体を持たないため、セキュリティ対策の面にもメリットがある。さらに、様々な場所から仮想デスクトップ環境にアクセスできるため、フリーアドレスや在宅勤務など様々なオフィス環境・ワークスタイルにも対応することができる。
シンクライアントのうち、端末に一般的なクライアント向けOSを搭載しないもの(仮想デスクトップを利用するためだけに特化された専用のOSを搭載するもの)を、ゼロクライアントと呼ぶ。
シンクライアントの対となる用語は、ファットクライアント(fat client)、もしくはシッククライアント(thic client)である。

実装方式としては、UNIX系OSなどを使うネットワークブート方式、Windows Serverなどを用いるサーバーベース方式、サーバーの代わりにブレードPCを多用するブレードPC方式、VMwareやXenなどのハイパーバイザーを使用する仮想PC方式などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る