ハードディスク の シリンダに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シリンダ

読み方、または別称:しりんだ

シリンダ(cylinder)とは、ハードディスクの記録単位のこと。ハードディスクドライブデータを記録するときのディスク上の位置情報は、シリンダとトラック、そしてセクタによって決定され、シリンダとはトラックをひとまとめにしたもの。
トラックとは、ハードディスクドライブ光ディスクなどの記憶装置での、線状に連なるデータを記録する部分のことである。トラックはいくつかのセクタという微小領域に分割されて、データセクタ単位で読み書きされる。
トラックは同心円状に多数配置されている場合と、連続してらせん状に配置されている場合があり、同心円状のトラックの場合は、同じ位置にある各記録面のトラックをひとまとめにして、シリンダという。
通常、データを読み書きするためにはヘッドは目的のトラックへ移動(シーク)しなければならないが、同じシリンダ上にあるトラックはヘッドをシーク(移動)しないため高速にアクセスできる。そのため連続してデータを記録する場合は、同一シリンダ上のすべてのトラックに書き込みを行ってから次のトラックへ移動する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る